【完全解説】ボッチ大学生のメリットとデメリットとは?

2019/04/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、テルクニです。

今回のテーマは「ボッチ大学生」。

何を隠そう僕自身も大学時代はぼっちで過ごしていました。

これから大学生になるという方や今まさに大学生という方は「ぼっちだと辛いんじゃ…」と思っているかもしれませんね。でも、結論から言うと結構平気だったりします

今回はそんなぼっち生活で経験したメリットやデメリット、そして実際送ってみての感想などをお届けしたいと思います。

ボッチ大学生とは?

ボッチ大学生とは孤高の戦士の名前です…笑

通常の大学生はサークル活動にいそしみ、仲間とワイワイやっていますがその群れには加わらずに颯爽としている一匹狼のことですね。

もちろん、講義も1人で受けますし昼食も1人で取ります

講義が終わったら速攻で帰り、自分一人の時間を楽しむのです。

でも、ボッチ大学生ってデメリットもあるんじゃないでしょうか。まずはその点を詳しくお伝えしますね。

ボッチ大学生のデメリット

ボッチ大学生のデメリットとして挙げられるのは次の3つです。

  • 授業がサボれない
  • 情報の入手が難しい
  • 学食がつらい

自分も実際に経験したことなのでメチャクチャよくわかります…笑

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

授業がサボれない

友達がいるとノートを貸してもらったり、出席を代わりにとっておいてもらうという手を使うことができますが、ぼっちだとそうはいきません。

ちゃんと単位を取るためにはすべての授業にしっかりと出席する必要があります。(当たり前と言えば当たり前なんですが…)正直数回ならサボっても大丈夫ですが出席を取る授業は出ないとヤバいですね。

大学生は基本的に全部の授業に出るなんてことはしませんが、ボッチの場合自分の力ですべて解決する必要があります。そのため授業をサボるということがしにくいのです。

情報の入手が難しい

大学の情報って意外と不親切です。

期限付きで重要な発表が掲示板に出されていたりというのは日常茶飯事で、結構後になって気づくということが多かったりしました。

特に単位の取り方やゼミの希望などは卒業できるかできないかにかかわることなので超重要なんですが、いかんせん連絡が不親切。シラバスには書いてあったりするのですが、そんな頻繁に読むものではないですよね。

友達がいる場合は友人伝えに情報が回ってくるのですが、そうではない場合常に情報をチェックしておかないといけないのです。

学食がつらい

意外に思えるかもしれませんが、学食は結構つらいです。

というのも、友人同士で席を取っている人たちが多いから。何となくその横で1人で食べるというのは気まずい思いをします。

また、中途半端に知り合いに合う確率も高く向こうから「おっす!」と声をかけられる可能性もあります。

「コイツ1人で飯食べてるのか…」と思われがちなので、人目を気にするタイプの方は学食に1人で行くのは向いていないかもしれません

ボッチ大学生のメリット

でも、ボッチで過ごすことにはメリットもたくさんあります。ここでは僕が実感できた5つのものを紹介したいと思います。

講義に集中しやすい

1人の方が講義に集中できます。

友達が横にいると何となく気になりますし、「まあ俺が寝ていてもコイツに後で見せてもらえればいいか」という甘えた気持ちが出てきてしまいなかなか身が入りません。

ぼっちだと頼る友人もいないので毎回の講義が「背水の陣」になります。「ここを聞き逃したら定期テストがまずい」と必然的に講義への集中力が上がるのです。

実際、僕もあまり面白くない授業でも頼れる友人がいなかったので頑張ってくらいついていました…笑

その結果つまらない授業でもしっかり単位を取れ、割と成績もよかったのでホッとしましたね。

ストレスがない

人と接することでストレスを感じるタイプの方にとってぼっちは天国とも言えます。

煩わしい人間関係はないですし、自分1人の時間を有意義に使えると感じます。

友達がいると講義から昼食からいつも一緒に行動しないといけないですし、段々うっとうしくなってくると思いますが、そんなストレスを感じることはないのです。

僕も毎回1人で行動していましたが、ストレスはありませんでした

自分の好きな時に好きな行動ができるのは素晴らしいです。せっかく時間がある大学生活なら好きなことに時間を割きたいですよね。

付き合いの出費が少ない

大学生は何かとお酒を飲んだりサークルの部費などがあったりするので結構お金の出費が激しいです。中には毎日のように飲み会を開いているサークルもありますからね…笑

1人でいれば当然そんな飲み会には招かれないのでお金が減ることもありません。大学生はそこまで経済的に豊かではないので支出が少ないことは大きいと思います。

僕自身もそういった飲み会にはほとんど行かなかったので、お金がないということはありませんでした。

むしろその分は自分の趣味などに使うことができたのでそちらの方が良かったと思いますね。

自分に投資ができる

 自分の好きなことができるということに似ていますが、自分に投資することもできます。

例えば、TOEICを受けて英語力を高めたり、色々なボランティアに参加してみたり、珍しいバイトをしてみたりなど自分の将来にとってプラスになる体験をたくさんすることができます。

友達がいると色々と付き合いがあるのでなかなか時間を取れないという方も多いですが、自分ひとりならいくらでも自己研鑽の時間を取ることができます。

自分に投資することで大学以外に知り合いを作ることもでき、自分の世界を広げることができるのでおすすめの過ごし方ですね。

実際にボッチ大学生を送ってみて

実際、僕自身もボッチと言える大学生活を送っていました。

1カ月に1度くらい唯一の友人と遊んでいましたが、授業も全部1人で受けて自分の時間を過ごすという感じでしたね。 

振り返ってみても非常に充実した時間を過ごせたと思います。

自分の興味があることを勉強できましたし、色々なアルバイトを経験しました。こうして今はブログを執筆していますが、それも大学時代に知り合った他大学の人に教えてもらったから出来ていることです。

だから、この記事を読んでいるあなたがボッチに対して不安を抱えているならそんな必要はないと断言することができます。

友人とワイワイ騒ぐのも楽しいかもしれませんが、それはそれでむなしいなと感じることもあります。それよりも自分と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。

ボッチ大学生におすすめなこと

ボッチでいて1つだけ困ったのは就活ですね…笑

就活情報が自分のところまで回ってこなかったのでみんなどういう風に活動しているのか不安でした。

なので早いうちから就活を意識しておくことは大事だと思います。

といっても特別なことをする必要はありません。自分はどんな業種に興味があるのかをしっかり考えたり、自分にはどんな強みがあるのかをハッキリと伝えられるようになればいいのです。 

もし、「自分の強みがよくわからない…」という方はリクナビが提供しているグッドポイント診断がおすすめ。無料登録であなたの強みを詳しく分析してくれるので試してみる価値はありますよ。

まとめ

今回はボッチ大学生のメリットとデメリットについて書いてきました。

基本的にはメリットの方が多いのではないかと思いますね。自分1人で好きなことや将来に必要なことを思う存分できるのはとても貴重だと思います。

ただ、就活や試験の情報はこまめにチェックしておかないと大変なことになります…笑

うまくアンテナを張って、しっかりと情報をキャッチしておいてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© テルクニノキブン , 2019 All Rights Reserved.